Rules & JUGES

X

2019 審査員

Natalia Tatarintseva (TaTa)

TATA2
TATA

Natalia Tatarintseva (TaTa)

わずか13歳でプロの新体操選手となり、ウクライナ新体操でスポーツマスターを授与された。

更に2007年、ヨーロッパを中心に盛り上がりをみせる体操競技の一つでもある、芸術的なスポーツ、『aesthetic gymnastic』のプロ・競技者となる。

そして彼女のいた代表チームは2007 – 2009年の間に、ヨーロッパで開催された多くの大会で優勝を果たした。

それから2010年に、彼女はダンススクールでFlexibilityを教え始める。

そこで彼女はポールに出会い初めて試す事になる。

翌年、ポールダンスの競技者となり、そこからわずか1年後に国内での優勝を果たす。

現在では、世界で最も有名で人気のあるポールダンサーの一人であり、

ポールダンス・ワールドチャンピオンに4回も輝いたのは彼女だけである。

<主な受賞歴・経歴>

・2011年~2017年の間に多くのポール国際大会で優勝する。

・World Pole Sport champion in London 2012;

・Winner of Miss World Pole Dance & Fitness in Zurich 2012;

・Best Performer of the 2012-2013 – IPS Award 2013;

・Finalist of Ukrainian Got Talent Show 2015;

・World Pole Dance champion 2016;

・International guest and performer;

・Pole Dance coach and the owner of biggest pole dance studio in Ukraine.

・Contortionist and stretching coach with teaching background about 10 years.

・Professional nutritionist.

Blue Phoenix

Blue Phoenix
Blue Phoenix3

Blue Phoenix

Blue Phoenix Pole & Fitnessスタジオオーナー・ディレクター。

彼はボディトランスフォーメーションスペシャリストであり、ポールダンスフィットネスのインストラクターとして活動している。

また、現役のポールパフォーマーとして世界中で活躍中。
しなやかで鍛え抜かれた美しい身体でモデルとしても活躍し、フィットネスウェアやヒールのブランド、Shoe Me Gorgeous,Bling it Heels ,XWear Male のアンバサダーも務める。

クレオのロック&ポールインストラクター。

<主な受賞歴>

・2017 Felix Cane Pole Championships 1st Place

・2014 Mr Pole Dance World

・2016 Pole Theatre Sydney Professional Classique Champion

・2016 Newcastle Poledancing Championships Open Male Champion

・2014 INBA Melbourne Classic Male Fitness Model Champion

・2014 INBA Southern Cross Runner Up Mr Beach Body

・2012 INBA Brisbane Classic and NPBB Male Fitness Model Champion

・2013 Mr Pole Dance and APFC Finalist;・2013 IPC Semi-finalist Sydney,NSW Australia

Lydia lee

Lydia lee
Lydia lee2

Lydia Lee

韓国出身リディア・リーは、韓国で有名なSY Pole スタジオのオーナー兼インストラクターであり、プロのポールダンサーである。

10代からバレエを10年間経験し、Sun-Hwa Art Schoolというアートスクールを卒業。2014年からポールダンスを始め、今では彼女の名は世界へと広まっている。

<大会出場歴・受賞歴>
2014 Musclemania Fitness – 1st Place
2015 Angelcup Pole DanceChampionship (APDC)– 2nd Place
2015 Korea Pole Sports Championship (KPSC)– 3rd Place
2017 Philippine Pole Cup (PPC)– 2nd Place
2017 Angelcup Pole Dance Championship (APDC)– Judge
2017 Seoul International Pole-dance Championship (SIPC)– Co-Organizer & Judge

ルール&審査 Rules & JUGES

審査基準
1.各カテゴリーにおいて、1人ずつ優勝者が発表されます。そしてその4人のうち、総合チャンピオンが選ばれます。

2.その総合チャンピオンは、全てにおいて1番得点が高い人です。

3.ジャッジは、それぞれ選手の採点を行いますが、採点については大会中に話し合わない事が決められております。
結果を発表する前に、それぞれの採点を確認し、協議の上、チャンピオンを決定する事は許されています。

4.審査員のスコアシートとコメントは要求に応じて、大会終了後に入手可能です。

5.スポンサーが提供する賞品が貰えます。

セミプロの定義

・アマチュア・セミプロの人がエントリー可能。

・セミプロで受賞経験がある人もエントリー可能。

・セミプロで優勝した人はプロフェッショナルに移動(エントリー)しなければならない。

・国内、海外の大会でアマチュア・セミプロで3位以内に入ったことがある人もエントリー可能。(プロフェッショナルで3位以内に入った経験のある人は必ずプロフェッショナルでエントリーすること)
・シアターでアマで優勝した人はセミプロでエントリーすること。

・国内、国外の大会でプロフェッショナルでの出場経験者は、プロフェッショナルでエントリーすること。

プロフェッショナルの定義

・全てのレベルの人にエントリーする権利はある。
・国内、海外の大会で3位以内に入った人はプロフェッショナルでエントリーすること。・シアターでセミプロで優勝した人。
・国内、国外の大会にプロフェッショナルで出場経験がある人は、プロフェッショナルでエントリーすること。
・ツアーに出ているプロのポールアスリートおよび選手はプロフェッショナルでエントリーすること。

 

 

ステージの使い方
X-Factorあっといわせるもの、ステージアピールはエンターテイメント要素ポイントとして、全てのカテゴリーで最大10ポイントの加算対象となる。
出場者は、オーディエンスをどれだけ楽しませて惹きつけるかによって採点される。
ポールスキル
・全てのカテゴリーにおいて、ポールのスキル、トリックの実行とトリックをこなす事に対しても採点される。
・出場者は、トリックやコンビネーションを滑らかにこなす必要がある。
・高いレベルの技を披露した場合でも、その技を活かして上手く演じなければ、高得点には繋がらない。
衣装/テーマ
・全ての出場者は、衣装とテーマも想像力とオリジナリティが採点に含まれます。
・出場者のコスチュームは、そのパフォーマンスに適切な衣装で、そのテーマとストーリーをより引き立てるものが良い。
音楽と音の演出
・ポールクラシックとポールアートでは、出場者は音楽の選択と、その音楽を如何に活かせるか、表現が如何に上手く出来ているかを採点される。
ダンスとフロアワーク
・ポールクラシックとポールアートに関して、審査員はダンスのオリジナリティ、技の移り変わりの滑らかさ、ダンスとフロアワークの完成度を審査する。
ストーリーの展開
・ポールドラマでは、ストーリーを語る事が重要である。
・審査員はそのストーリーやメッセージがどれ程クリアに伝わるかジャッジする。
ムーブメントとステージ
・ポールドラマとポールコメディでは、ダンスではなく、ムーブメントとステージの使い方によってジャッジされる。
・出場者は自信を持ってステージエリアを活用する。

ジャッジポイント

1.Pole Art

a.衣装/テーマ 10points
b.ポールスキル 10points
c,音楽の選択、音楽に対しての表現 10points
d.ダンスとフロアワーク:15points
e.驚き、ステージの使い方、ステージ感:10points

2. Pole Drama

a.衣装/テーマ 10points
b.ポールスキル 10points
c.ストーリーの展開、ストーリーの完成度:15points
d.ムーブメントとステージの使いこなし:10points
e.驚き、ステージの使い方、ステージ感:10points

3. Pole Comedy

a.衣装/テーマ 10points
b.ポールスキル 10points
c.コメディの組み込みと観客の引き寄せ:15points
d.ステージの使いこなしとムーブメント:10points
e.驚きとステージ感:10points

4. Pole Classique

a.衣装/テーマ 10points
b.ポールスキル 10points
c,音楽の選択、音楽に対しての表現 10points
d.ストリップティーズの組み込みとフロアワークやポールでのセクシー/官能的なムーブメント:15points
e.驚きとステージ感:10points