Entry

X

エントリー ENTRY

エントリーは2017年8月15日から9月15日まで!!

 

ポールシアターに参加するには、下のフォームに記入して、どの様なパフォーマンスをするか説明を含んで、エントリー用のビデオを送って、下のPayPalのリンクにお支払いください。
名前の部分は、必ずローマ字で、名前、苗字の順で記載をお願いいたします。
また、ステージネームがある場合、実名のとなりにステージネームを記載してください。
(例) 田中 絵里が本名でステージネームがFoxy Ladyの場合
Eri Tanaka (Foxy Lady)
ジャッジの条件
ルールとカテゴリーの説明
このポールシアターのジャッジの条件とルールを必ず良くよんでください。
ファイナルに残る様、チャンスを最大限に引き出す為にも、応募する前にしっかり読んでください。

 

 

1 . カテゴリーの選択

エントリーしたいカテゴリーを選んでください。
一つ以上のカテゴリーを選ぶ事ができます。その場合は、一つのカテゴリーにつき1回のフォーム作成とエントリーのお支払いが必要となります。

 

 

2 . パフォーマンスの説明

※エントリーフォームのパフォーマンス説明欄には、日本語の方は必ず英文も提出してください。
※YouTube.Vimeo.Dropboxのパフォーマンス説明欄には、英文のみアップしてください。
予定のパフォーマンスの説明を提出してください。
どの様なパフォーマンスになるかイメージが出来るよう、説明をお願いします。
その為に必要な詳細、ストーリーの流れや、衣装、道具を使用する場合はどの様な道具を使用するか、あなたをバックアップしてくれるパフォーマーが出演する場合はその説明、
その他に、何か審査するにあたり重要なこと、必要な情報があれば教えてください。

 

 

3 . ビデオエントリー

提出するビデオに関しては、良く考えご提出をお願いします。
あなたが提出するビデオには、審査するにあたり2つの重要な目的があります。
1つは、あなたのスキルを見るため、もう一つは、あなたのステージ感を見てあなたが説明したパフォーマンスをどれほど伝えられているかです。
あなたがもしポールコメディ部門にエントリーしたい場合、悲しいパフォーマンスや悲劇的な動画(ドラマティック)を送るのは、良くないです。
選んだカテゴリーと関係ない動画は、送らない様お願いします。
予定しているパフォーマンスと全く同じ物を送らなくても良いです。
過去のパフォーマンスのビデオでも良いです。
私達が想像出来るように提出する為のビデオだという事を忘れないでください。
ポールシアターにとって大切なことは、ポールのトリックの難易度というより、ステージ感とパフォーマンススキルを重要としています。
私達が期待する出場者は、プロフェッショナルなレベルで滑らかなムーブメントや、スムーズな転換、観客を楽しませて感動を与える事が出来る人です。
ビデオエントリーの説明 VIDEO REQUIREMENT

1.ビデオはYouTube.Vimeo.Dropboxにアップしてください。

2. YouTube.Vimeo.Dropboxのビデオのタイトルはポールシアターエントリー用であることと、出場者の名前とカテゴリーと、プロ部門で出場か、アマチュア部門で出場か、を必ず記載してください。
(例) 田中 絵里さんがポールコメディのプロ部門でエントリーする場合
Eri Tanaka’s entry in Pole Comedy, Pro,Pole Theatre Sydney(※japan) 2017
とタイトルに明記ください。
アマチュア部門の方は、Proの部分を、Amateurに変えて送ってください。

3. YouTube.Vimeo.Dropboxのビデオの説明欄に、出場者はパフォーマンスの説明を記載すること。(ジャッジが見てすぐ理解できるように)
例えば、私のパフォーマンスはポールドラマで、内容は一度命を無くし、大切な人を忘れきれず、暗闇をさまよい、想い出を繰り返し辿りながら
悲しみの中そっと静かに消えていくという切ないストーリー。など。
こちらの説明は、必ず英語でお願いします。

4. ビデオは2分~3分の間の長さでなければならない。(それ以外はジャッジの対象にならない)

5. ビデオは、編集されたり、クリップで繋げたりしてはならない。
1テイクのビデオでなければならない。
(クリップの合成や編集は不可)

6. ビデオは、十分な質と明るさでなければいけない。

7. ビデオは、エントリー毎に、1本のビデオに限られる。複数のカテゴリーにエントリーする場合は、それぞれのカテゴリー毎にビデオを提出すること。

8. ビデオは出場者が分かる様にすること。
演出の為のバックダンサー等がいる場合、ビデオでメインの出場者と、バックダンサーの見分けがつかなければならない。
☆☆ダブルス、グループでエントリーについて☆☆☆
ダブルスとして2人とも主、グループとしてグループ全体が主、の参加は可能。
ダブルス参加の方は
2人の名前を必ず【ローマ字フルネーム】で明記すること。
グループの方は、
グループ名の後に、参加者ローマ字フルネームを明記すること。

9. ポールクラシックへのエントリーをする出場者はヒールを履いてパフォーマンスをしているビデオが必要。
審査員は、ヒールを履いて踊れるかどうか、ジャッジする。

10. 最後に、エントリーのビデオに関して、とても大切なアドバイスがあります。
提出するビデオに関しては、良く考えご提出してください。
あなたが提出するビデオには、審査するにあたり2つの重要な目的があります。
1つは、あなたのスキルを見るため、もう一つは、あなたのステージ感を見てあなたが説明したパフォーマンスをどれほど伝えられているかです。
あなたがもしポールコメディ部門にエントリーしたい場合、悲しいパフォーマンスや悲劇的な動画(ドラマティック)を送るのは、良くないです。
選んだカテゴリーと関係ない動画は、送らないようお願いします。
予定しているパフォーマンスと全く同じ物を送らなくても良いです。
過去のパフォーマンスのビデオでも良いです。
私達が想像出来るように提出する為のビデオだという事を忘れないでください。
ポールシアターにとって大切なことは、ポールトリックとフロアワークのバランス、ステージ感とパフォーマンススキルを重要としています。
私達が期待する出場者は、プロフェッショナルなレベルで滑らかな動きや、スムーズな転換、観客を楽しませて感動を与える事が出来る人です。

4 . エントリー費用

3,240円(税込)のエントリー費用がかかります。
一つ以上のカテゴリーにエントリーする方は、各申請につき、一回のエントリー費用がかかります。
エントリーの際、費用を支払わなかった場合、その申請は審査されません。
※注意事項※
エントリー費用をお支払い後の払い戻しは出来ませんので、ご了承ください。

規約は左記PDFより確認し記載したものをメールにてお送りくださいますようお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

部門(必須)

カテゴリー(必須)

YouTube.Vimeo.DropboxリンクURL

パフォーマンスの説明